快適なサイズをめざして。リングサイズの測り方から抜けない指輪の抜き方、指のサイズの変化するわけ
指輪の知恵情報庫

なぜサイズがぴったり合っているのに指輪の形によって着け心地に差が出るのでしょう
20年間リングサイズを測った日々からの実態レポートと指輪サイズの謎。 はずせない結婚指輪
サイズが変化するわけ

結婚指輪のサイズは慣れるとちょうど良くなる

その指輪はきついですか?慣れるとはどういう感じでしょう?

 指輪をはずした時に解放感があるということは、圧迫されているという事なので、その場合はきつい指輪。
 指輪が上下にまったく動かないでぴったりすきまがないというだけなら1カ月後にはお肉が逃げて、指輪まわりがくびれます。ゆるくなったと感じるひとも居ます。

きつい結婚指輪 ゆるい結婚指輪 ゆるくなった人

指輪のオーダーメイドというのは、物品の購入とは違い、サイズが変わるということをぜひ知っていただいて、快適なサイズでオーダーしていただければと思います。

身体の60%が水分です。一日のうち、お腹のベルトもきつい時間、ゆるい時間があるように、指輪もゆとりのある時間帯と、窮屈に感じられる時間帯が存在します。

人それぞれ感覚が違います。ゆるめの指輪が好きなひとと、きつめの指輪が好きな人がいます。
きゅうくつな指輪はいやですか?
ゆるくて抜けそうな指輪の方がいいですか?
正しい指輪サイズとはどのような状態のことでしょうか?

なまみの人間ですから疲れたりむくんだりもします。ですが、きつめの指輪をつけていると、指の方が順応してくれるのです。

指輪がゆるくなった人

とくにご結婚されてから、結婚指輪がゆるくなってしまったという人がいます。

原因は、マイペースで過ごせた独身時代から、はつらつと充実した時間を送った結婚ほやほやのたった数カ月のうちに、知らず知らずのうちに、規則正しい生活でダイエットになって、おふたりともサイズダウンしたというケースもあります。

それから、第2に、指輪に指の脂肪が順応するケース。
脂肪のない骨と皮ばかりの指ではないぽっちゃりタイプに多いケースです。ウエストも同じで、ベルトを締めているウエストは引き締まりますが、ベルトをしなくなれば、お腹周りはゆるんでいくばかりです。
指輪サイズ初級者は、指のむくんだ状態を嫌って、ゆるみを大きく加味してしまって、ゆるい指輪での失敗もあるかと思います。
きつい圧迫感というのは、最初のうちだけで、1ヶ月で慣れていき、指のかたちも変わってきます。着け慣れた状態の指にさらにきつめの指輪を作ることはないと思いますが、初めて指輪をつける指でしたら、怖がらずにきつめのサイズにするのが上級です。

ご来店いただいた多くのお客様のなかで、むくみの幅の大きさは、
女性の薬指で17号前後から~
男性の薬指で20号前後から~
の指で、比較的肉付きの多い指は2号以上むくんだりしているデータがあり、このような、むくむ傾向の方は、抜け落ちるほうを選ぶか、むくんだときだけはずすかを選ぶ必要がでてくる人もいるわけです。

サイズが間違っているのではなく、指のサイズが増減するわけです。どの時間帯に合わせた指輪を用意するかは、あなたの体調と相談することで、指輪サイズ 攻略で、快適な指輪を着けられるはずです。
では、結婚指輪がご結婚後にゆるくなってしまった場合、どうすればよいのでしょうか?
指輪の内側にマニキュアを塗るだけで径が変わり、ほんの0.2号くらいなら微調整の効果があがることもあります。
あまりにもくるくる回るほど指輪がゆるくなってしまったということなら、新しく極細の1mmくらいのぴったりめのリングまたはきつめのリングをストッパーとして重ねづけすることで、抜け落ちる心配はなくなると思われます。大事な結婚指輪がお風呂でいつのまにか抜け落ちるようになってしまったというひとにはいい方法です。

ゆるくなってくる婚約指輪

エンゲージリングはあとからゆるくなってきます。ダイヤモンドが横を向いてしまうので、きつめをえらびましょう。たいていの花嫁さまの婚約指輪はだんだんゆるくなってきています。買ったときにはちょうどよかったのに、とおっしゃっています。これは、指のお肉が柔らかいために、移動してしまって婚約指輪を着けている箇所だけがやせる現象のためです。

記事の無断転載を禁じます

指輪のサイズの知りたい なぜ? コンテンツ

-->